シャンプーが抜け毛の原因になる?シャンプー選びのポイントは?

2020年1月9日

抜け毛の原因は食生活を始めとする生活習慣、ストレス、睡眠と様々ですが、シャンプーが抜け毛の原因となることもあります。

自分の頭皮に合っていないものを使い続けたり、頭皮の汚れを落とすことができなかったり、逆に頭皮を守る上で必要な皮脂まで落としてしまったりすることで、抜け毛を引き起こします。

今回はシャンプーが原因で起こる抜け毛のメカニズムや、シャンプー選びのポイントなどを紹介します。

 

シャンプーが抜け毛の原因となるメカニズム

シャンプーが抜け毛の原因となるメカニズムは様々なので、以下にまとめました。

  • 洗浄力の高すぎるシャンプーを使用した
  • 十分に頭皮の汚れを洗浄できなかった
  • 自分の頭皮に合っていないシャンプーを使い続けた

この中でも洗浄力の高すぎるシャンプーを使うことには注意が必要です。

シャンプーは確かに頭皮の汚れを落とすことが目的ですが、だからといって強ければ強いほど良いというわけではありません。

洗浄力の高すぎるシャンプーは、頭皮を刺激から守ったり、保湿する役割を持つ皮脂まで全て落としてしまうからです。

 

その結果、頭皮は再び保湿するために必要な皮脂を分泌しようとして、皮脂の過剰分泌が起こり、さらに頭皮環境を悪化させる恐れがあります。

頭皮の環境が悪化すると、健康で強い髪は育ちません。頭皮は髪が育つための土台ともいえるので、その環境は真っ先に整える必要があるのです。

 

とはいえ、どういうシャンプーを選べばよいのか悩む方も多いでしょう。

ここからは抜け毛を防ぐシャンプーの選び方について解説します。

 

抜け毛を防ぐシャンプーはアミノ系洗浄成分がおすすめ

理想は自分の頭皮環境や体質に合わせたシャンプー選びが重要ですが、髪が傷みやすかったり、頭皮のケアをしたい方にはアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

アミノ酸は人間の皮膚や筋肉、髪を生成するタンパク質で構成されていて、保湿効果やダメージ補修効果があります。

 

そして前述したように頭皮には外部の刺激から守るために適度な皮脂が必要です。汚れの残りすぎも良くないですが、洗浄しすぎも良くない、ちょうど中間点くらいの洗浄力がアミノ酸系のシャンプーです。

 

ドラッグストアで売っている市販のシャンプーでは洗浄力に重きを置いたシャンプーが多く置かれています。逆に育毛シャンプーや発毛シャンプーなどもありますが、あくまでもご自身の状態や体質に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

頭皮のことを考えてシャンプーを選ぶのであればアミノ酸系がベストですが、それが万人に当てはまるわけではありません。

そのため、シャンプーを中心に薄毛予防や発毛を期待するのであれば、1度薄毛専門クリニックに足を運び、相談してみるのが良いでしょう。

 

正しいシャンプーの方法

Processed with VSCO with a5 preset

まずはぬるめのお湯(40度以下)でしっかりと汚れを落とします。

そしてシャンプーはしっかりと泡立てて、指の腹を使って頭皮を優しく洗いましょう。まずは刺激に強い側頭部や襟足部分から、徐々に刺激に弱い頭頂部や前頭部の方を洗うようにしてくださいね。

 

そしてシャンプーはきちんと洗い流すことが1番大切です。

シャンプーが頭皮に残ったままになると、雑菌が繁殖したり炎症につながったりして、頭皮環境を悪化させる恐れがあります。

シャンプーするよりも洗い流す時間を多く取る意識で、洗い残しがないように気を付けましょう。