薄毛に効果的な栄養は?薄毛に効く食べ物はあるか?

2020年1月9日

秋になると抜け毛が多くなる、という話を聞いたことがあるでしょうか。

実は1年で最も抜け毛が増えるシーズンが秋で、夏の紫外線によるダメージや疲れが髪に現れるためといわれています。

そんな秋の抜け毛の対策や詳しい原因を解説していきます。

 

秋特有の抜け毛の原因

一般的に秋の抜け毛は夏場に受けた紫外線や汗などによる蒸れからくるダメージと考えられています。

抜け毛が起こる原因は、食事、運動、睡眠、遺伝など様々あります。しかし秋に最も抜け毛が多いというデータはあるので、夏のダメージを蓄積している可能性は高いといえます。

 

頭皮環境を清潔に保つことも薄毛予防につながりますが、夏は汗をかきやすく紫外線も強いので、頭皮環境は1年を通して最もひどいといえます。

頭皮の環境が悪くなると、頭皮に十分な栄養が送られなくなり、ヘアサイクルが短くなります。要するに成長期にあった髪がすぐに退行期へと移ってしまうため、髪が抜けやすくなるのです。

 

ただし、抜け毛や薄毛の原因は、遺伝、運動、睡眠、食事と様々なのでその原因を突き止めるのは非常に難しくなっています。

他にも動物は秋に毛が抜けて、冬用の毛に生え変わるから人間もそれと同じようなことが起こっているという説もありますが、定かではありません。



 

秋の抜け毛対策法

前述したように夏の紫外線や、汗からくるダメージの影響が強い可能性が高いので、それらの対策を取る必要があります。

簡単なものでは、外出時に日よけの防止や日傘を使う、毎日シャンプーを丁寧に使用し頭を清潔に保つなどです。

また秋は急激に冷え込むこともあるので、体調を崩しやすい季節でもあります。もちろん体が健康であれば健康な髪が育つので、生活リズムや食生活を整えることも抜け毛対策になります。

 

簡単な頭皮マッサージなども、血流が良くなることが見込めるので、お風呂に入ったついでに試してみましょう。

 

秋以外にも抜け毛が増える季節

抜け毛は乾燥しがちな冬や、紫外線が強い夏にも増えます。

秋に何となくいつもより抜け毛が増えてきているけど、冬や春が来るとそこまで気にならないという場合は正常なので気にする必要はありません。

 

しかし、AGAが発症すると季節に関係なく、薄毛や抜け毛が増えてきます。AGAは治療薬による治療が一般的なので、自分で薬を使っても治すことは可能ですが、出来れば専門クリニックを受診することをおすすめします。

その理由は、AGA治療薬には副作用も確認されていたり、AGA治療は長期にわたることがほとんどなので、誰にも相談できず1人で治療するのはかなりストレスになるからです。

AGA専門クリニックであれば、定期的に通院することになるので、医師の意見を聞きながら治療に望めるので安心して取り組めます。