ミノキシジルの使用期間について

2020年1月9日

AGA治療薬として使われているミノキシジルは、血管を拡張させて血流を良くすることができます。その結果、毛乳頭細胞に栄養が届きやすくなり、発毛促進効果や育毛効果を感じられます。

 

しかし、AGA治療薬は毎日使い続けなければその効果は期待できません。

そして薬を使用してから効果が実感できるまでに、最低でも半年はかかるといわれています。

 

ミノキシジルは飲み薬タイプの内服薬と塗り薬タイプの外用薬があり、それによっても使用期間は多少変わってきます。

そのため今回は内服薬と外用薬のミノキシジルの使用期間、フィナステリドとミノキシジルを併用した場合の使用期間などを紹介していきます。

 

ミノキシジルの使用期間

ミノキシジルの内服薬は、体内に直接成分を取り入れることになるので、細胞まで届きやすく、外用薬よりも高い発毛効果が期待できます。

それではまず内服薬についてみていきましょう。

 

ミノキシジルの内服薬

一般的には最低でも6ヶ月薬を服用し続けて効果を発揮しますが、中には3カ月程度で髪が増えてくる例もあります。

内服薬は成分の浸透率が高いため、外用薬よりも早く効果を実感できたり、発毛効果が高いのが特徴です。

薄毛治療は長期にわたって治療をしなければならないことが難点ですが、内服薬であれば薬を飲むだけでいいのでその点も安心ですよね。

 

ミノキシジルの外用薬

外用薬でも半年使い続ければ、当然薄毛の改善は期待できます。

それでも内服薬と比べると抜け毛の減少や、育毛促進効果は少し低く、治療期間も少し長くなりがちです。

 

しかし外用薬タイプのミノキシジルは、ドラッグストアや通販でも購入することもできるので、気軽に試してみることができます。

 

フィナステリドとミノキシジルを併用する場合の使用期間

フィナステリドも治療効果を期待できるまでには6カ月ほどかかることが一般的。

フィナステリドと併用して使った場合も、ミノキシジルを6ヶ月間は使い続ける必要があります。

 

 

そもそもAGAが発症する理由は、ジヒドロテストステロンと毛乳頭細胞にある男性ホルモンが結合することです。

ジヒドロテストステロンというのは、5aリダクターゼⅡという酵素の影響により生成されます。フィナステリドは5aリダクターゼⅡの働きを阻害することができるので、ジヒドロテストステロンが必要以上に作られなくなります。

そのためフィナステリドはAGA治療薬として使われています。

 

そして前述したようにミノキシジルは血流を良くし、発毛効果や育毛効果を促進する効果があり、フィナステリドはAGAの進行を抑えます。

フィナステリドでAGAの進行を抑制し、ミノキシジルで髪を成長させるようなイメージです。

 

そのため両方の薬を使ったからといって、髪が生えるのが速くなるという意味ではないので、最低6ヶ月は使い続ける必要があります。