プロペシアとミノキシジルの併用について

2020年1月9日

AGA治療は様々な薬がありますが、一般的にはミノキシジルやプロペシア、ザガーロなどが使われています。

中には聞いたことある薬もあるかもしれませんが、薬の効果までわかる方は少ないのではないでしょうか。

またこれらの薬を併用しても問題ないのか気になる方も多いでしょう。

結論から言うとプロペシアとミノキシジルの併用は可能で、薄毛治療効果も併用したほうが期待できます。

 

今回の記事では、それぞれのAGA治療薬の効果と併用することによるメリットなどを紹介していきます。

 

プロペシア錠とミノキシジル外用薬の併用

プロペシア錠とミノキシジル外用薬は併用したほうが、AGA治療の効果を期待できます。

プロペシア錠が飲み薬であるのに対し、ミノキシジル外用薬は局所に直接塗るので、それぞれの効果が干渉することはありません。

さらにプロペシアとミノキシジルでは作用効果にも違いがあるので、併用することでより高い治療効果を期待できるのです。

 

まずはプロペシアによる効果を見ていきましょう。

AGAの原因は5aリダクターゼがジヒドロテストステロン(男性ホルモンの一種)に変化することによって起こります。

ジヒドロテストステロンは毛母細胞の増殖を抑制させてしまう効果があるので、抜け毛が増えてしまいます。

プロペシアはAGAの原因でもある5aリダクターゼを阻害することができるので、必要以上にジヒドロテストステロンが作られなくなり、AGAの進行を食い止められるのです。

 

一方ミノキシジル外用薬は頭皮に直接塗るタイプの薬で、頭皮の血流と毛母細胞の増殖を促進させます。

要するに血流が良くなり、毛母細胞が増殖することから、発毛効果を期待できるのです。

 

ミノキシジルが発毛促進を促すのに対して、プロペシアはAGAの進行を阻止できるので、併用したほうがより薄毛治療効果を期待できます。

 

ザガーロカプセルとミノキシジル外用薬タイプの併用

ザガーロカプセルとミノキシジル外用薬も、併用したほうが治療効果は期待できます。

ザガーロもプロペシアと同じように5aリダクターゼの働きを阻害する効果のある薬です。もう少し詳しく説明すると、ザガーロとプロペシアに含まれているフィナステリドという成分に、5aリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

 

ザガーロはプロペシアより新しくできた薬で、プロペシアよりもAGAの改善効果が高い薬です。さらに副作用の発言率などもプロペシアとほぼ変わりません。

よってザガーロとミノキシジルを併用しても問題なく、AGA治療により高い効果が期待できるようになっています。

AGA治療薬を使用すると副作用が起こることもあるので、もし不安な方は医師の指示の元、正しく薬を服用してくださいね。